塩こうじとは、麹と塩、水を混ぜて発酵・熟成させた日本の伝統的な調味料です。

今話題の塩こうじ

リビング新聞2014年12月調査で今年重宝した調味料として、「塩こうじ」が1位に!
主婦から大絶賛の魔法の調味料、塩こうじです。

塩こうじの力

「液体塩こうじ」が魔法の調味料と呼ばれるその効果とは?

  • 「簡単・時短」調味料塩・こしょうなどを使用しなくてもこれ1本で味がきまります
  • 冷めてもおいしい「液体塩こうじ』は冷めても旨みをキープ。お弁当メニューにピッタリです
  • 発酵調味料なので「ヘルシー」素材の甘みが増すのでスイーツもヘルシーに仕上がります
  • 「塩分ひかえめ」液体塩こうじは、塩やしょうゆのかわりに使用できます。「酵素」の働きで旨みがアップするので、塩分控えめでも満足な味わいに
  • 非加熱製法だから生きた酵素の力で素材がやわらかくなる酵素の働きにより肉をわらかくし、漬け込む効果で旨みもアップします

活用方法

こんなに使える!液体塩こうじ

さかな
さかな
漬け込むだけで柔か くジューシーに
麺類(パスタ・そうめん・うどん)
麺類(パスタ・そうめん・うどん)
麺の通りがよくなり、ダシにも合います
あげもの(からあげ)
あげもの(からあげ)
肉が柔かく、旨みが 倍増します
卵
フワフワに仕上がり、色もきれいに仕上がります。
お米
お米
チャーハンがお店のようにパラパラに。 また味もしまります
aaa
スイーツ
こうじの働きで甘みが増すので砂糖の使用が少なくてもOKでヘルシー
使い方のポイント
  • 塩こうじをつかいこなし!
  • 池内先生の味がキマルレシピ動画はこちら
  • TVCM動画はこちら

ポイント

こんな時に使えるポイント!

離乳食に
離乳食に
塩分を控えめに調理ができるので、小さなお子様にも安心です。さらに少しの量でお肉や魚を柔らかくするので、おいしくヘルシーです。
野菜嫌いの人に
野菜嫌いの人に
野菜の1日350g以上摂る事が望ましいのですが、生野菜だとバケツ1杯食べても足りません。そこで、生野菜に塩こうじを混ぜて1時間程置くだけでボリュームもへり、沢山食べられます。野菜の甘みも増すので野菜嫌いを克服したお子さんもいます。
魚嫌いの方に
魚嫌いの方に
魚を事前に液体塩こうじに漬けて焼いたり、揚げたりすると、臭みが抜け、かつ、骨肉が柔らかくなり、食べやすくなります。
肉、野菜の残り物の保存に
肉、野菜の残り物の保存に
調理で余った肉を保存する際に冷凍するのでなく、液体塩こうじにつけて冷蔵することで、保存効果に加え、肉が熟成してよりおいしくなります。また、野菜の残りも液体塩こうじに漬けて冷蔵すると、おいしい「浅漬け」に変身します。
アンチエイジングに
アンチエイジングに
麹菌が体内で老化や参加の因となる活性酸素を中和します。また、発酵過程でポリフェノールも抽出するために肌とボディの老化抑制も期待できます。
便秘の人に
便秘の人に
腸内環境を整える乳酸菌を豊富に含むため、お通じの改善も期待できます。

オススメ

プロが教える!こんなときにオススメの塩こうじ

  • 食材の保存に液体塩こうじ。お肉やお魚の余りを漬けて保存しているだけで、縮みにくく、臭みをおさえます。

よくある質問

「液体塩こうじ」ってどうやって作るの?
簡単に言えば、粒状の塩こうじを絞って、ろ過したものがこの「液体塩こうじ」です。色は天然色で着色料は使用していません。
「液体塩こうじ」はどう使うの?
色々なメニューに使えるので万能調味料と呼ばれています。肉や魚や揚げ物・たまご焼きやチャーハン等 詳しくはレシピページをご覧ください。
「液体塩こうじ」を使うとなぜやわらかくなったり、美味しくなるの?
液体塩こうじに含まれる「酵素」が魚や肉に含まれるたんぱく質を分解し、旨み成分を増すので柔らかくなり、おいしくなるのです。