こんなに使える塩こうじ

こんなお悩みありませんか?

(当てはまるお悩みにマウスのカーソルを合わせてください)

魚が苦手で困っている写真1

01

魚が苦手で困っている

女性イラスト1

魚が苦手で困っている写真2

魚を事前に塩こうじに浸けたり、あげたりすると、臭みが抜け、かつ、骨肉がやわらかくなり、食べやすくなります。

女性イラスト2

野菜が苦手で困っている写真1

02

野菜が苦手で困っている

女性イラスト1

野菜が苦手で困っている写真2

塩こうじには野菜の青臭みを抑制する効果があります。例えば、野菜ベースのスムージーに液体塩こうじを加えると、青臭みや酸味が抑えられ飲みやすくなります。また、野菜スープやポトフでは、味付けは塩こうじだけ十分おいしくなります。

女性イラスト2

つい塩分を摂り過ぎてしまう写真1

03

つい塩分を摂り過ぎてしまう

女性イラスト3

つい塩分を摂り過ぎてしまう写真2

「塩分控えめ」液体塩こうじは、塩やしょうゆのかわりに使用できます。
「酸素」の働きで旨みがアップするので、塩分控えめでも満足な味わいに。

女性イラスト2

甘い物を食べ過ぎてしまう写真1

04

甘い物を食べ過ぎてしまう

女性イラスト3

甘い物を食べ過ぎてしまう写真2

ケーキなどを作る際に、塩こうじを混ぜることで素材の甘みが増し、少量の砂糖でヘルシーに仕上げられます。

女性イラスト2

硬いお肉の調理方法に悩む写真1

05

硬いお肉の調理方法に悩む

女性イラスト4

硬いお肉の調理方法に悩む写真2

固いむね肉やスネ肉も、塩こうじに漬ければ驚くほど柔らかくなります。また、肉本来の旨みも最大限に引き出せるのでリーズナブルなお肉でもおいしくいただけます。

女性イラスト2

肉、野菜の残り物を腐らせてしまう写真1

06

肉、野菜の残り物を腐らせてしまう

女性イラスト3

肉、野菜の残り物を腐らせてしまう写真2

調理で余った肉を保存する際に冷凍するのではなく、液体塩こうじにつけて冷蔵することで、保存効果に加え、肉が熟成してよりおいしくなります。また、野菜の残りも液体塩こうじに漬けて冷蔵すると、おいしい「浅漬け」に変身します。

女性イラスト2

離乳食の調味料に悩んでいる写真1

07

離乳食の調味料に悩んでいる

女性イラスト4

離乳食の調味料に悩んでいる写真2

塩分を控えめに調理ができるので、小さなお子様にも安心です。さらに少しの量でお肉や魚を柔らかくするので、おいしくヘルシーです。

女性イラスト2

パラパラのチャーハンが作れない写真1

08

パラパラのチャーハンが作れない

女性イラスト4

パラパラのチャーハンが作れない写真2

塩こうじを使って炒めると、チャーハンがお店のようにパラパラになり、味もしまります。使い方のポイントは、基本的に10:1の割合で使用してください。素材10に対して、塩こうじ1の割合で使用してください。あなたのお悩み、塩こうじが解決します。

女性イラスト2

作りおきのメニューに悩んでいる写真1

09

作りおきのメニューに悩んでいる

女性イラスト4

作りおきのメニューに悩んでいる写真2

液体塩こうじ、これ一つで味が決まります。他の調味料を使わなくてもこれ一つでOK。冷めても旨みをキープするから作り置きにぴったりです。

女性イラスト2

アレルギー対策に困っている写真1

10

アレルギー対策に困っている

女性イラスト4

アレルギー対策に困っている写真2

液体塩こうじは余計な添加物・アレルギー物質を含まない調味料です。
醤油などの替わりにこれ一つで味を決めることができるので、作れる料理が広がりますし、アレルギーでお困りの方にも安心してお使いいただけます。

女性イラスト2

液体塩こうじ「ご購入はこちら」

液体塩こうじパッケージ

shiokouji-pagetop-icon