お問い合わせ

よくあるご質問

賞味期限が切れたみそは食べても大丈夫ですか?

みそは発酵食品であり、古くから保存食として使用されてきました。このため、賞味期限が過ぎてもご使用できなくなるわけではございませんが、風味に変化が生じてしまいますので、期限内にご使用頂きますことをお願いいたしております。

賞味期限について
賞味期限は製品本来の美味しさを味わっていただける期間という意味で設定しており、みそ中に含まれる塩分等により、期限を過ぎても腐敗の恐れはございません。

みその色が濃くなってしまいましたが、大丈夫でしょうか?

みそは半固体の発酵食品であり、発酵・熟成の過程で色がついていきます。製品化後も着色は少しずつ進んでいき、風味も変化してまいります。この現象は製品化後にも起こりますが、みそ固有の変化であり安全性に問題はございません。

みその色が変わる理由は?
みその色が濃くなったのは、みそ中の成分である糖とアミノ酸などが反応して起こる褐変(メイラード反応)によるものです。褐変はみその熟成中にも起こっているもので、赤みそと白みその色の違いの要因でもあります。一般に温度が高いほど、また同温度であれば、保存期間が長いほど、色が濃く(赤く)なっていきます。

家庭での上手な保存方法は?

一般的には、開封されたみそはなるべく空気に触れないようにして、冷暗所(できれば冷蔵庫)に保管することをお勧めいたします。室温で保管しても腐敗等の心配はございませんが、温度が高くなる夏期などでは、温度の影響により、風味や香りが損なわれる場合がございます。

※1 通常みそは、冷凍庫に入れても凍りませんので、冷凍庫から出してそのまま使用しても問題ありません。ただし、商品の容器は冷凍用ではなく、衝撃等で割れてしまう可能性があります。念のため、あらかじめ冷凍用の容器等に移し替えてから、冷凍での保管をお願いします。
※2 空気に触れると風味が変化しやすい傾向がありますので、表面をラップで覆うと風味の変化を少なくすることが出来ます。

白いカビのようなものがありますが、大丈夫でしょうか?

みそ表面にできる白いカビのようなものはほとんどが産膜酵母です。この産膜酵母はみそ造りにとって大切な酵母と同類のもので、無害です。しかしながら、みその香味は損なわれますので、もし発生したらその部分を取り除いて使用してください。これとは別にみその表面や内部に白い結晶ができることがありますが、これは大豆のたんぱく質が分解してできたチロシンというアミノ酸が結晶したものですので、ご安心ください。

おみその印刷してある内ブタに、丸い穴が開いています。

同製品は酵母が生きたまま製品化された製品です。このため製品化後にも酵母が働くことでガスを発生いたします。このガスをカップ外に出す穴です。ガス発生により内圧が高まるとこの部分からカップ外にガスが放出される仕組みとなっています。

名称が“米みそ”の商品で、原材料表示が“米・大豆(遺伝子組換えでない)・食塩となっています。
麹は使っていないのですか?

米麹を使用しております。原料のお米を米麹にしてから、おみそを仕込んでおります。

みその表面に、茶色い水が浮いてきました、大丈夫ですか?

この茶色い水は「たまり」と呼ばれるものです。「たまり」はみその一部であり、熟成中の味噌の上面に発生する食塩、糖、ペプチド、アミノ酸などを含んだ醤油様の香味をもつ液汁のことを呼びます。もちろん、味噌の一部ですので、召し上がっていただいても全く無害なものです。製品になってから発生する場合もあります。例えば、低温環境下に長く保存した場合や味噌を掘り下げてできた窪みにはしばしば「たまり」の発生が見られます。

みそに関するレシピがあれば教えてください。

こちらのページをご覧下さい。

おみそのレシピ

みその作り方を教えてください。

こちらのページをご覧下さい。

バーチャル工場見学・おみそができるまで

「塩こうじ」・「液体塩こうじ」の使用量を教えてください。

基本は 素材:塩こうじ=10:1です。素材10に対して「塩こうじ」・「液体塩こうじ」1の割合でご使用ください。素材100gに対し小さじ2杯(約10g)が目安です。

「塩こうじ」・「液体塩こうじ」の使い方を教えてください。

こちらのページをご覧下さい。

ハナマルキレシピ

お問い合わせ