液体塩こうじでつくる塩から揚げの素&香草パン粉焼き

  • 液体塩こうじでつくる「塩から揚げの素」
  • 服部幸應監修
  • 液体塩こうじでつくる「鶏むね肉の香草パン粉焼き」

液体塩こうじを使った「唐揚げ」「香草パン粉焼き」がカンタンにできる!

服部栄養学校専門学校校⻑ 服部幸應先生に監修いただきました。

服部幸應
昭和20年生まれ、東京都出身、立教大学卒。
昭和大学医学部博士課程学位取得。
(学)服部学園 服部栄養専門学校 理事⻑・校⻑/
医学博士/ 日本食普及の親善大使。

液体塩こうじをお肉に使用すると、

  • ・酵素の働きで、タンパク質などを分解し、素材を柔らかく仕上げます。
  • ・糖・塩の働きで、食品中の水分を保水し、ジューシーに仕上げます。
  • 液体塩こうじでつくる「塩から揚げの素」
    液体塩こうじ+から揚げ粉(鶏肉 500g分) 入り

    塩から揚げの素

  • 液体塩こうじでつくる「鶏むね肉の香草パン粉焼き」
    液体塩こうじ+パン粉焼き(鶏むね肉 300g分) 入り

    鶏むね肉の香草パン粉焼き

塩から揚げ・香草パン粉焼きの作り方

塩から揚げ

塩から揚げ

  • 鶏肉(もも または むね)
    約500g(約2枚分)
    冷水
    大さじ5(75ml)
    塩から揚げの素
    (液体塩こうじ+から揚げ粉)
    1袋
  • つけこむ
    大きめの袋に一口大に切った鶏肉と「液体塩こうじ」を入れ、30秒もみこみ、10分〜20 分おきます。
    つけこむ
  • 混ぜ合わせる
    ①の袋に「から揚げ粉」を入れて肉にまぶしてから、冷水を入れてよく混ぜ合わせます。
    混ぜ合わせる
  • 揚げる
    160〜170℃に熱した油で3〜4分揚げて出来上がりです。
    揚げ時間は目安です。肉の大きさによって調節してください。
    揚げる

カリッとサクサクがお好きな方は…

作り方1のあと、冷水を入れずに「から揚げ粉」をまんべんなくまぶして揚げると、サクサクのから揚げが出来上がります。

香草パン粉焼き

香草パン粉焼き

  • 鶏むね肉
    約300g
    サラダ油
    大さじ4
    鶏むね肉の香草パン粉焼き
    (液体塩こうじ+香草パン粉)
    1袋
  • 素材をカットする
    鶏むね肉を1.5〜2cmの厚さに削ぎ切りにする。
    素材をカットする
  • つけこむ
    大きめの袋にカット①でカットした鶏むね肉と「液体塩こうじ」を入れ30秒もみこみ、10分〜20分おく。
    つけこむ
  • 香草パン粉をまぶす
    パン粉をまんべんなくまぶす。
    香草パン粉をまぶす
  • 焼く
    フライパンでサラダ油を熱し、③を入れて焼く。
    初めの片面はフタをして焼くと生焼けしにくくなります。
    焼く

こちらの食材でもおいしくつくれます!

豚肉、白身魚、鶏もも肉

商品情報

塩から揚げの素
液体塩こうじを使った「塩から揚げ」が簡単にご家庭で楽しめます。
柔らかく、ジューシーな唐揚げに仕上がります。

塩から揚げの素

内容量
110g(から揚げ粉80g、液体塩こうじ30g)
原材料
から揚げ粉[小⻨粉、でん粉、コーン パウダー、食塩、香辛料] 液体塩こうじ[米こうじ、食塩、酒精]
栄養成分表示
1袋(から揚げ粉80g+液体塩こうじ 30g)
エネルギー(302kcal)、たんぱく質 (4.6g)、脂質(1.2g)、炭水化物(68.3g)、ナトリウム(3.0mg)※食塩相当量 7.6g
鶏むね肉の香草パン粉焼き
本格洋食の味の「香草パン粉焼き」新登場! パサつきがちな鶏むね肉を液体塩こうじでしっとりと仕上げ、 9種ハーブが香る本格洋食の味を簡単にご家庭で楽しめます。

鶏むね肉の香草パン粉焼き

内容量
50.0g(液体塩こうじ30.0g、 香草パン粉20.0g)
原材料
液体塩こうじ[米こうじ、食塩、酒精]、 香草パン粉[パン粉、にんにく、原材料 バジル、レッドベルペパー、パセリ、タイム、ローズマリー、オレガノ、たまねぎ、セージ]、<原材料の一部に小⻨を含む>
栄養成分表示
1袋(液体塩こうじ30.0g+ 香草パン粉20.0g)
エネルギー(111kcal)、たんぱく質 (3.5g)、脂質(0.6g)、炭水化物(23.0g)、 ナトリウム(1.5mg)※食塩相当量 3.8g
ページの先頭へ