ハナマルキの取り組み

安心・安全へのこだわり

契約栽培農家とのコミュニケーション

ハナマルキは安全な原料を確保するために、契約栽培農家との深いコミュニケーションをはかっています。
みそ作りのいのちともいえる安全な大豆を確保していくために、ハナマルキは契約栽培農家に対して積極的な啓蒙活動を行っています。
ハナマルキの契約栽培は1994年に始まりました。
遺伝子組み換えの作物が世界的に増加する中、Non-GMO(遺伝子組み換えでない)大豆の確保のために、ハナマルキは2004年からカナダの優良大豆栽培農家を毎年日本に招待し、農家との深いコミュニケーションをはかっています。
ハナマルキは安全な原料を確保するために、契約栽培農家との深いコミュニケーションをはかっています。
ハナマルキは安全な原料を確保するために、契約栽培農家との深いコミュニケーションをはかっています。
カナダの契約栽培農家バリーさんも、信州の「みそづくり教室」に参加しました。
ハナマルキでは生産者の方を日本に招き、みそ作りやマーケット視察することで品質や安全性に対する取り組みを深く理解していただく活動を実施しています。
ハナマルキは安全な原料を確保するために、契約栽培農家との深いコミュニケーションをはかっています。
ハナマルキは安全な原料を確保するために、契約栽培農家との深いコミュニケーションをはかっています バリーさんからの便り
おみそができるまで
関連情報:おみそができるまで
おみそができるまでをイラストでご説明します。
企業情報
環境にやさしい商品づくり
安心・安全へのこだわり
CSR活動